ダビスタ|ダービースタリオン|パチンコ|XX・Y|ボーダーライン|シミュレーション|スペック更新しました!

あの競走馬育成シミュレーションゲームのパイオニア「ダービースタリオン」がパチンコ機となって登場します!!


サンデーサイレンス・トニービン・ブライアンズタイム…今日では御三家と呼ばれる血統になりましたが、馬好きの管理人が血統を覚えるきっかけとなったゲームはやはり「ダビスタ」でした。「安定C」に賭けた熱い思いが甦ります。


今回も馬をモチーフとしたパチンコ機ということで、お馴染みのサンセイR&Dから登場します。
肝心のスペックとなりますが、出来るだけ分かり易く紹介させて頂きます。


低確率 1/59.95
高確率 1/59
確変割合 79%


甘確率の確変機となります。
確率変動フラグを引いても通常時と確率が変わらないタイプです。
つまり、イメージとしては1/60の時短機を思い浮かべてみて下さい。


フラグをまとめますと通常時は、


16R確変 次回まで 0.5%
4R確変 次回まで 2.5%
2R突確 次回まで 0.5%
4R確変 サポ30回 18.5%
計 22%→チャレンジモード&CTへ突入

4R確変 サポなし 57%
2R突通 サポなし 21%
計 78%→残念!

右打ちへの移行確率は30回転のチャンスも含め、大当りの約5回に1回程度の為、1/272.3となります!


続きまして、右打ち中のフラグを整理しますと


16R確変 次回まで 4%
2R確変 次回まで 75%
16R通常 サポ100回 4%
16R通常 サポ60回 6.5%
16R通常 サポ30回 10.5%


つまり、16R通常後の時短100/60/30回転以内に1/59を引けなかったときにCTが終了します。(ただし初回4R確変サポ30回は30回抜けにてチャレンジモード終了です)
CT突入時の平均継続回数は約11.6回!
出玉の期待個数は約6400発となります。


通常時には、4R確変出玉あり・サポなしフラグが残念フラグとは言え57%ありますので、若干の玉持ちの良さがありますが、体感的にはミドル並みの投資金額が必要となります。
甘い確率の裏には見えない機械性能が隠れていますので、是非研究されてから挑みましょう!


ボーダー情報は以下にてご確認ください。

サンセイR&DCRダービースタリオン XX・Y59.952014/1/20