沖海3|スーパー海物語IN沖縄3|HME|ボーダーライン|シミュレーション|スペック更新しました!

沖海3
©SANYO GROUP.ALL RIGHTS RESERVED.


海系元祖「CRギンギラパラダイス」が1995年に登場しまして、シリーズがもうすぐ20年ともなりそうですが、そんな海物語シリーズの最新機種「沖海3」の登場です!


しかも新枠(新筐体)となっての登場です。
筐体とはその機械の盤面を囲んでいる全てでありまして、ゲーム機などでも見られるハードが変わる事を意味します。


当然、新筐体となりますと、レバー操作やボタン操作の付加価値がついたり、映像をつかさどるチップも向上する事が多く、グラフィック性能などが上がる契機にもなります。


そのグラフィック性能を決めるチップは最近メーカー間の自主規制で上限があったり、パチンコ台の発する音量も最近は規制されています。


皆様も何か、ここ数ヶ月の機械は音が小さいななんて思ったりしませんか?


実はこれもメーカー間の自主規制の試みでありまして、またこの辺は後日説明させて頂きますね。


と、話がそれてしまいましたが、今回の沖海3は最近の三洋さんの辛めの傾向から一転、普通のボーダーに戻った印象があります^^


ボーダーラインやシミュレーションは機種ページよりご確認下さい↓

メーカー機種名確率納品日
三洋CRスーパー海物語IN沖縄3 HME358.12013/7/7